BUSINESS

仕事内容

飲食店の店舗開発を、一手に担う。

ビルオーナーから飲食店舗物件を居抜きの状態で借り、飲食店を出店したい方に貸し出すビジネスを展開。賃料がメイン収益となるビジネスモデルですので、契約物件数が増えるほど収益の増す安定したストックビジネスです。

営業部門の役割

物件開発(借りる)

主に不動産業者へ営業活動を行い、店舗用物件を仕入れます。担当エリアの出退店状況の把握はもちろん、不動産知識や店舗物件に関する知識、法令・法律に関する知識など、様々な知識と経験を用いた、関係者とのリレーション構築が重要となります。当社は転貸目的で物件開発を行うため、非常に難易度が高く、熟練なくしては絶対に活動できません。

リーシング(貸す)

当社が賃借した物件へテナントを誘致します。既存客への紹介、リストからの架電、飲食企業・飲食店へのダイレクトな営業、不動産業者への物件情報の持ち込みなどを根気よく重ね、内見へつなげ、契約に向けた申し込みを獲得します。当社では、仕入れた物件に対し、営業全体で誘致活動を行います。

主な仕事の流れ
①関係構築
有力な不動産業者を
選別し、じっくりと
信頼関係を築く。
②物件開発
自らの目利きで、
出店者が求める
優良物件を選び出し
借りる。
③リーシング
多様な物件情報を
提供する。そして、
出店者が望む物件を
貸す。

物件管理部門の役割

物件管理

新規の契約物件・顧客を営業から引継ぎ、契約期間における管理を行います。当社顧客の出店業態は多種多様であり、必要な建物設備スペックも様々になります。 顧客が、契約前に希望業態での出店が可能かどうかの判断がスムーズにできるように確認する現場調査や、顧客への物件引渡し後の施工監理、契約期間において発生する設備トラブル等についての対応も行います。

主な仕事の流れ
①現場調査
顧客が出店希望する
建物の現場調査を行い、
飲食店として出店が可能か
確認・精査します。
②施工管理
出店時に必要な
申請・届出、工事承諾が
漏れなく、適正か
監理します。
③定期訪問
顧客・貸主が安心できる
環境を維持するために
管理物件に
定期訪問します。