テンポイノベーション

テンポイノベーションの強み

テンポイノベーションの強み

テンポイノベーションの強み
専門性
専門性

専門性

住宅や事務所は一切扱わず、また不動産仲介も行わず、事業を店舗物件の賃貸のみに絞り込むことで、社員のプロフェッショナル化を図っています。

営業は「店舗開発のプロ」、管理は「物件管理のプロ」を、営業推進は「店舗開発営業支援のプロ」になることを目指しています。当社では、部門間の異動はなく、その仕事にモチベーションがあって適性がある社員を特化させ、能力が発揮できる環境を作っています。

年間100時間にも及ぶオリジナル研修を構築
「店舗開発のプロ」を育成するために、年間100時間にも及ぶオリジナル研修を構築しています。
当社の幹部社員が店舗開発業務に必要な専門知識をレクチャーすることに加え、プロの外部講師2名が当社オフィス内に滞在して作り上げた「プロの営業」になるためのプログラムを実施する実践的な内容です。

・市場データ(乗降客数や昼間人口)
・物件データ(家賃、競合店、繁盛店)
・飲食(トレンド、有名店、マーケット情報)
・法律(借地借家法、民法、判例)
・会計(会計、税務、ビジネスモデル)
・インフラ設備(電気、ガス、水道)
・店舗設備(厨房機器、ダクト、排水管)
・地域(再開発、法令による制限)
・行政対応(消防、保健所、役所)

組織化
組織化

組織化

個人主義になりがちな不動産業界において、安定継続した事業展開を図るため、組織化を推進しています。

専門性が高い業務であっても社員毎にレベルのばらつきがないよう、手順やツールを整えて仕事の均一化を図っています。
しかし、現場対応においては、この「効率化」が柔軟な対応を阻害することがあるので、実務では敢えて効率化は目指さず、必要な手間をかけて対応するようにしています。職人さんが十分に時間をかけて仕事をするイメージです。

全員で勝つことができる環境作り
当社は利益還元型の賞与制度を導入しています。会社の利益のうちあらかじめ決められた割合を原資として、全社員でこれを取り分けます。個人で評価や給与を得るだけでなく、ストックビジネスという安定感の中で、会社というチームで利益という成果を上げることにより、全員で勝つことができる環境を作っています。

・企業理念、ビジョンの啓蒙
・透明性の高い評価制度
・利益還元型賞与
・業務の均一化
・組織の小集団化
・教育体制の整備

利便性
利便性

利便性

未流通で希少性のある物件情報を、WEBで閲覧でき、電話やメールで簡単に内見や設備調査に入れます。

多様な仕入れルート
・関係構築した地場の有力不動産業者から情報収集
・飲食店撤退者からの居抜き売却における査定依頼
・大手飲食店企業とのコネクション、水面下での閉店物件の持ち込み
・当社物件テナントからの後継テナント紹介依頼

→ 居抜き物件、店舗のことは「居抜き店舗.com」
→ 造作や店舗買取り・売却は「店舗買取り.com」

実績

① 保有賃貸物件数

  • 1,374
  • 店舗

② 登録出店希望者数

  • 50,246

③ 年間成約実績数

  • 333
  • 店舗
※①② 2018年11月末時点 ※③ 2017年度実績

お客様の店舗開発を全力でサポートします。

売却手数料を完全無料で、お客様の閉店をサポートします。